カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

okarick

Author:okarick
イカ娘とkey作品を
こよなく愛する者です。

小説、ツクール、イラストなど
とりあえず片っ端から手を
つけていますw

ツイッターやってます。
適当なことしかつぶやいていませんが
よろしくです。
@okarick545

別垢もよろしくです。
@okarick21

なんだかんだでSkypeもやっております。暇人は是非どうぞw
アカウント:okarick545

ブロとも大募集中!
気の合う方は是非!!

まずはクリックでゲソ!

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
魔法のとなえかたDL
目立つ所に置いておきましたので適当にDLしてくださいw

魔法のとなえかたプロトタイプ

ご要望等はメールまで。
Twitterっぽいの
ブロともの皆様

現象界が二次むブログ

中二アニオタの日常・趣味全開バージョン

東雲研究所

アニメ画像MAX

朋毅のアニメひとりごと♪

 【オタローグ】

チラシの裏の落書き

Aikaのゲーム日記

タイトルはそのうち決める

岐阜ヲタクオリティー

インフェしゃちょー日和

真夏☆plusのやり放題(^m^)

自由気ままな模型ライフ

岡本将軍の部屋

みなブロッ!!

永久機関

★ Supaku Blog ★

サブカルチャレンジ

アニメ ゲームが好きなやつ集まれー
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶賛友人募集中!第1話「うずまき少女」その1

どうも。寒くてコタツから出れないokarickです。

タイトルからお察しかもしれませんが、ついに小説が始動ですよ~
でもまぁその前にアニメの感想でも。

ミルキィーホームズは1期と変わらないネタ感。
キルミーベイベーは私の好きなのほほん日常系。漫画も買っちゃったw
戦姫絶唱シンフォギアはとりあえず水樹さんの歌最高wそして冒頭で主人公がもう死んでいるのに驚いたw
いくら主人公が頑張っていても最終的には死ぬと。結構描写は残酷め。
偽物語はまだ始まったとはいえないかな?まだ本題に入って無い感じだし。
そしてモーレツ宇宙海賊。OPにまず吹いたwまぁ意外と面白そうな感じ。
今期はバトルものが多いよね。また新しいアニメ見たら感想書きます。

話は小説の方に戻りますが、追記の方に書くのであまり長く出来ませんがそこは更新速度でリカバーしようと思ってますw
今のところ第2、第4日曜日に更新予定ですが、ご要望がありましたらコメントください。
あと、感想とかくれると非常にやる気が出ますw

あらかじめ言っておきますが、私は素人ですから文章とか書くのはあまり上手ではありません。なので世に出回っているラノベや他のWEB小説と比べると全く面白くありませんw
しかも冒頭の部分ですので、キャラが少なくまだギャグ的展開がし辛いのです。
話が進めば、いろいろなキャラが使えて多少は見れたものになるのですがw
それでも良いという方は追記へお進みください。

色々保身をかけておいた所で、では絶賛友人募集中!お楽しみに…

3年あれば何が出来るだろう。

世間では年月なんてあっという間に過ぎるといわれているが、その通りだと思う。
だって俺にとってあの3年間は無に等しい時間だったから。

そう、俺の中の時は15歳で1度止まってしまったんだ…


「朝ですよー」
「…」
「起きないと遅刻するよー」
「………」
「…今なら殺れるかしら?」
「物騒なことを言うなっ!」
「やっぱり起きてた…ほら、朝ごはんできてるよ」
「チッ…ていうか勝手に家に上がるなって何度も言ってるだろ」
「いいじゃない。付き合い長いし」
「付き合い長いからって女の子が男の家に1人で上り込むっていうのはな…」
「私…淳なら、いいよ」
「えっ!?」
「だって…何のために合鍵まで作ったと思ってるの…?」
「そ、それはな…!!」
「冗談よ。淳はすーぐ騙される…オレオレ詐欺とか心配だわ」
「人をからかうのはやめろ!あとオレオレ詐欺に引っかかるほどバカじゃないわ!」
「この前悪質訪問販売に引っかかって7万円の浄水器買ったのは誰よ」
「…俺はピュアなのさっ!!」
「はぁ…」

俺は相沢淳。この通り純真無垢な心を持つイケてる19歳さっ!

「…お気に入りは本棚の上から2段目、ギリシャ神話集のカバー」
なっ、心を読まれた!?しかも何故俺の秘蔵本の隠し場所を!?
「淳は色々顔に出すぎ…あとさ、スク水ってどこがいいの?」
「それ以上俺の性癖をバラすな!」
「はいはい」

彼女は神山百枝。俺の幼馴染なのだが、いつも俺のアパートに押しかけては朝飯を作りに来るお節介焼きだ。
まぁ助かってはいるのだがな…

「さ、食べましょ?」
テーブルの上には百枝が作った白飯、焼き魚、味噌汁、漬物と日本の味が並ぶ。
百枝の料理の腕前はかなりのもので、料亭の味にも引けを取らないほどだ。
「どう、おいしい?」
「普通」
普通に褒めるのはシャクなのでいつも決まってこう言う。
「もう…いつもいつも普通って…お世辞でも美味しいって言ってよ」
「あー普通普通。普通すぎて箸が進むわ」
「はぁ…素直じゃないなぁ…」
「人間素直に生きてたら痛い目見るんだぞ」
「7万円の浄水器買ったくせに…」
「それとこれとは関係ない」
「はいはい。しゃべってると遅れるわよ」
「いや、まだ授業まで2時間もあるし…」
時計は7時を回ったところを指している。キャンパスまで歩いて10分ほどだから遅れる要素は全く無い。
「いつも早めに起きておく習慣つけなきゃ」
「それにしたって早すぎだろ…」
「そんなこと無いわよ?早寝早起きは体にもいいし、朝ゆっくり落ち着けるじゃない」
「俺の場合遅寝早起きだけどな…」
「あっ、また夜更かししてたでしょ?」
「別に良いじゃないかよ…寝る時間までお前に決められたくない」
深夜まで公では言えないようなゲームをしていたなんて知れたら色々と大変なことに…
「どうせまたエッチなゲームしてたんでしょ」
「だからなんで俺の生活が漏洩してるんだ!!」
「幼馴染ですから」
「幼馴染怖ぇ!もはや超能力者だよ!!」
「お箸だって曲げられるわよ?」
マジか!こんな近くに超能力者が…!って、
「それは曲がっているように見えるだけで実際は曲がっていない!」
子供の頃鉛筆とかでよくやったよ!懐かしい!
「へーそうなんだ」
マジで曲がっていると思ってたのか!?そういえば、コイツ普段はしっかりしてるけど変なところで天然だった…
「とりあえず箸は曲がらない。そして俺のプライバシーを侵害しないように」
「侵害も何もそこにパッケージ置いてあるし」
ガバッ!
「な、何のことかな~?」
「いや、隠してもさっき見えた…」
「何も見て無いよな!うん、そうに違いない!」
「往生際悪いよ?」
「ていうかお前が勝手に入ってきたのが事の発端だからな!?」
「…メイドさんといちゃラブ…」
「ストーップ!!分かったから!俺が悪かった!」
「メイドにスク水着せて何がいい…」
「ごめんなさい。もう許してください」
「土下座までしなくても…」
「申し訳ございませんでした」
「う、うん。なんか、ごめんね。ほら、ごはん食べよ?」
「仰せのままに」
「なんか淳が変になっちゃった…」
別にわざとやってるだけだから変にはなってないんだが。
「病院に電話しなきゃ」
「なんでだよ!」
「わっ!…あれ?普通の淳だ」
「何で病院に電話するんだよ!」
「だって淳が変になっちゃったし…」
「あれは演技!」
「でももしもの事があったら…」
「お前は心配性すぎるんだよ。いつまでも子供じゃないんだからさ…」
「でももしもの事があったら…」
「…俺はもう昔の俺じゃない。あの頃とは違うんだ」
「淳…」
「だからそんなに心配するなよ。急にどっか行ったりしないしさ」
「…そうよね。あの頃とは、違うよね…」
「そうそう。ほら、朝飯食おうぜ」
「…うん」

俺は15歳から18歳までの約3年間、記憶が無い。

何故記憶が無いのか、原因は何かも全く分からない。
ただ一つ分かるのは、俺の高校生活はベットの上で過ごしていたということだけだ。
それも後で百枝から聞いた話なのだが…
目覚めた時には、同学年の奴らは進路が決まっていた。
大学に受かった者、就職先が決まった者、ニートを決め込む者。
各々がそれぞれ自ら選んだ道を進もうとしていた。
だが、俺は何も決まっていなかった。決めることが出来なかったんだ。

でも、その時に道を示してくれたのが百枝だった。

「淳、私と同じ大学に来なさい!」

その時は無茶だと思った。空いた3年間を1年間で埋められるとは誰も思うまい。
でも、百枝は言ったのだ。

「淳なら出来るって!私の知ってる淳は何でもできるんだから!」

…その一言で、俺は自分の道を見つけることが出来た。
自分の存在意義が消えないように、必死に足掻いた。
そして今年、無理だと思っていた百枝が通う都内の大学に無事合格した。
他の奴らよりは1年スタートが遅れてしまったが、それでもよくやった方だと思う。
3年あったブランクを1年に縮めたんだから…

それから約3ヶ月。大学生活にも慣れ、今の生活もそれなりに満足している。
でも何かが足りない。そう、何か目標も無く、ただ漠然と生きているような気がしてたんだ。
そう、あの出会いまでは…

スポンサーサイト

Comment

No title

( ;∀;)イイハナシダナー

No title

>saさん

まだ始まったばかりなんですけどねw
話が進むほど感動的な話にするつもり…です。
実際皆さんが感動できるかは分かりませんがw

なんだか上から目線みたいで申し訳ない

とりあえず、乙
リア友の書いた小説ほど読んでて照れくさくなるものは無いね(笑)

導入部分だし何とも言い難いけど良かったよ!

3年間記憶喪失で1年間ガリ勉ってことは、大学生活3ヶ月でエロゲーに目覚めたのか淳よ

いえいえ…

>ざるびおすさん

確かにw
家に作品のストックがあと4くらいあるのでもっと照れくさくなって見ませんか?w
まぁとりあえず、生暖かい目で見守ってやってくださいw

ちなみに淳は、思春期を普通に送れなかった反動でそっち系に目覚めましたw
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。